映画『浜の記憶』を記録する

映画『浜の記憶』がどのように企画・製作・公開されたかを、監督の大嶋拓が綴ります。うたかたの記憶を、とこしえに記録するために…

夕刻、長谷の御霊神社へ。18:30~、「長谷の灯かり」というイベントでライトアップされたお社と祭り囃子を撮る。

20180820_01

先行きが見えない中で実景だけ撮るというのも、何とも精神衛生上よくないものであるが、夜の境内に響きわたるお囃子と闇に浮かび上がるお社が、夢ともうつつともつかぬ妖しげな雰囲気を醸しており、来てみてよかった、とは思う。

20180820_02

今後のことをいろいろ考え、実に暗澹たる気分になる。

腰の具合は少しずつよくなり、また、気温も昨日からやや下がってきたものの、おそらくまた暑さはぶり返すだろうし、災害級の猛暑で死者も出る中、海辺で夏の映画を撮ることが、果たして現実的なのか…。

過去40年近くにおよぶ、自分のこれまでの映像作品の製作過程を細かく振り返りつつ、今回の企画は白紙に戻した方がいいのではないか、などと考える(今なら何とかそれができるので)。

17時、長谷の手ぬぐいカフェ 一花屋(いちげや)へ。

20180811_01

17:30~19:30、「茂さん(93歳)に聞く戦中・戦後の鎌倉」と題した加藤さんのお話し会。鎌倉市平和都市宣言60周年を記念して開催される「かまくら平和寿まつり」のプログラムのひとつで、参加者は約30人。加藤さんは絶好調で、持参したキーボードで古(いにしえ)のメロディーを奏でつつ約2時間、話しまくる。

20180811_02

記録のため、最初から最後までビデオを回したのだが、低い椅子に長時間座っていたためか、腰の具合はさらに悪化、痛みがひどくなってくる。帰り、知人と近くの定食屋で夕食を取ったのだが、胃の具合も最悪で、ほとんど何を食べたか思い出せないほど。

どうしたわけか、昨日あたりから腰の具合がにわかに悪化してくる。自己流でテーピングなどしてみるが効果なし。

朝、加藤さんより電話があり、今日、海老網をやるとのこと。急遽、長谷に行くと、すでに漁は終わり、網を干しているところだった。一応、その様子を撮影。

20180804_01

その後、分配された魚(舌平目とカワハギ)を自宅でさばいているところも撮る(これらの場面は本編では使わず)。

20180804_02

さばいた魚をいただいて帰り、舌平目はムニエルに、カワハギは煮付けにする。両方とも大変に美味。いやあ、鎌倉の海でこんなお魚が獲れるとは!(由希のセリフ風)

20180804_03

↑このページのトップヘ