映画『浜の記憶』を記録する

映画『浜の記憶』がどのように企画・製作・公開されたかを、監督の大嶋拓が綴ります。うたかたの記憶を、とこしえに記録するために…

昨日と今日で、先日のアフレコ音声のはめ替え、ひととおり終了。

私の家にてアフレコ(アフターレコーディング)。加藤さんと勇希ちゃんが参加。11:00スタート。

まずは、ひととおりつないだ作品全体を見てもらう。人に見せるのは完全にこれが初めてだったのでドキドキするが、お二人とも案外気に入ってくれたようなのでほっとする。
その後はモニターを見つつ、当時の雰囲気を蘇らせながら、いくつかのシーンのセリフを録音していく。17:00終了。

加藤さんは、昨日作ったというかますの干物を勇希ちゃんと私に持ってきてくれる。感激!

20181117

最終的な修正をして、夕方、一応編集終了。BGMもいくつか入れてみる。

ほぼ1日編集。編集のやり方は人それぞれだと思うが、私の場合、シナリオの順ではなく、撮影日別に荒い編集をし、その後改めてシナリオの順に並べていくことが多い。というわけで、今日は9月20日撮影分の一連をやる。まだエンジンがかかっていなかった時なので、かなり難物だったが、何とかつなぐ。

※これ以降、ほぼ半月にわたって編集を行うが、この日にどのシーンをつないだとか書いても、あまり面白くないと思うのでしばらく省略

午前中、由比ガ浜で地引き網の様子を撮影。大漁というほどではなかったが、網の中でスズキが跳ねる画が押さえられたのは収穫。その後、加藤さんと一家屋で昼食。帰りは江ノ電に乗り、車窓からの夕景を撮る。これでひととおりの素材が揃う。

↑このページのトップヘ